中世にタイムスリップ​した気分

ヒヴァ観光情報

ウズベキスタンの西部ホレズム州に位置する世界遺産の街KHIVA(ヒヴァ)。

古くからカラクム砂漠への出入り口として発展したといわれています。

1592年からヒヴァ・ハーン国の首都となり、1842年に町がイチャン・カラ(内側)とディシャン・カラ(外側)に分けられました。現在、観光地とされているイチャン・カラはヒヴァ・ハーン国の宮殿のためのエリアで高級官僚や裕福な商人、聖職者が住んでいたとされています。

現在残る建築物は17世紀以降のものがほとんどです。

小さいイチャン・カラの中には20のモスク、20のメドレセ(マドラサ)、6基のミナレットが残り、ゆっくり1日をすごすのも良いでしょう。

1969年イチャンカラは博物館都市として指定され、1990年ウズベキスタンで初めて世界遺産に登録されました。

ウズベキスタンの中でも独特な文化をもつヒヴァは料理やダンスなどからも感じることができます。

​ヒヴァの観光地

キョフナ・アルク

​Ko'hna Ark

ヒヴァイチャン・カラ西門に隣接したキョフナ・アルク。『古い宮殿』という意味。17世紀に建てられた宮殿で、執務室、謁見室、モスク、ハーレムがあったほか、火薬工場や造幣所、兵器庫などもあったそうです。当時は絹のお札が造られていたことも有名です。現在のこっているのは19世紀のものです。

アイヴァンのタイルは見事なもので、壁面は七宝タイル、天井は赤、黄、緑、黒などカラフルな模様となっています。
 

カルタ・ミナル

​Kalta Minorasi

西門から入るとすぐ目に入る青くて短いミナレット、『カルタ・ミナル』。

カルタとは『短い』という意味です。


1852年、ムハンマド・アミン・ハーンが中央アジアで最も高いミナレットを建てようと建設が始まりましたが、中断され、高さ26m、直径14mの基礎部分が残っています。

ムハンマド・アミン・ハーンのペルシャ遠征での死により、建設が中止となってしまったそうです。

中断された理由は伝説があり、「ブハラを見張るために高い塔を作ろうとしたが、ブハラ王にバレてしまい、職人さんを買収して工事を阻止しようとした。そのことに怒ったアミン・ハーンが職人を殺害してしまった。」とも言われています。

ムハンマド・アミン・ハン・メドレセ

​Muhammad Aminxon Madrasasi

ヒヴァのイチャン・カラの西門を入ってすぐ右手、カルタ・ミナルの隣にあるムハンマド・アミン・ハーン・メドレセ。

ムハンマド・アミン・ハーンの命令で1852年に完成したメドレセです。当時は99人の学生が学んでいたとされています。
広さは71.7m×60m、中庭の広さは38m×38mあります。二階建ての建物には全部で125の部屋があります。

ロシア時代に入り神学校として使用されなくなりましたが、現在はホテルとして利用されております。

​タシュ・ハウリ宮殿

Tosh Hovli Sarayi

ヒヴァのイチャン・カラの東門近くにあるタシュ・ハウリ宮殿。1830年から1838年に建設。

タシュとは石、ハウリとは宮殿という意味ですが、アラクリ・ハーンによってクフナ(キョフナ)・アルクに匹敵するものとして建てられた宮殿として「新宮殿」とも言われています。
ヒヴァの中で最も豪華なタイルや柱で飾られているそうです。

謁見室や儀式の空間、パーティ会場、ハーレムなどに分かれています。
儀式が行なわれたとされるアイヴァンは、旧宮殿クフナ・アルクと同じように赤や黄色などのカラフルな木枠やタイルが使われています。
2階建ての部屋がハーレムで、青い幾何学模様のタイルで装飾された大小163もの部屋があります。

南側の大きめの部屋がハンの執務室と4人の正妻の部屋で、かつてアラクリ・ハーンには4人の正妻と

40人の美女がいたという話もあります。

ジュマ・モスク​

​Juma Masjidi

10世紀頃には中央アジアのモスクとして最大規模だったと言われているジュマモスク。現在の姿は18世紀に修復され建てられたものです。モスクのなかに入ると薄暗いなかに、212本といわれる木の柱が建っており、それぞれの彫刻一つ一つに歴史を感じるモスクです。広さは55×46m、高さは5mで、3.15mの間隔で柱が立っており、この間隔と本数は、説法者(イマム)から全員の顔が見えるように、計算されて決められたそうです。

柱のうち4本が10-11世紀、25本が17世紀までの柱で大変神秘的なモスクです。

中で女性が手編みの靴下を編んでいたりと、時間もゆったりとした空間です。

​イスラーム・ホジャ・メドレセ/ミナレット

​Islom Xo'ja Madrasasi va Minorasi

ヒヴァで最も高いミナレット(45m)と最も新しいイスラム・ホジャ・メドレセ。
1910年にヒヴァの最後のハーン、イスフェンディヤル・ハンの大臣イスラム・ホジャによって建てられました。

イスラム・ホジャは、国を発展させようと度々ロシアを訪れてはヨーロッパ式の学校、病院、郵便局などを作ったそうですが、非常に人気がでたため、ハンと聖職者たちの陰謀で生き埋めにされて殺されてしまったそうです。

ミナレットが大変印象的ですが、マドラサはそれほど大きくなく、42の小部屋があります。
ミナレットは118段の階段で上に登ることができ、ヒヴァの街を見下ろすことができるのでおすすめスポットです。

​パフラヴァン・マフムド廟

​Pahlavon Mahmud Maqbarasi

大きな青いドームが特徴的な建物、パフラヴァン・マフムド廟。
パフラヴァンとは『英雄』『強物』という意味です。

かつて庇護者として尊敬されていたパフラヴァン・マフムドが祀られていますが、彼は毛皮職人、詩人、哲学者、そししてクラッシュというウズベキスタンの武道の名手だったため有名となり、強物のパフラヴァという名がつけられたそうです。

最も豪華な廟がパフラヴァン・マフムドの物、そして正面の墓石はムハンマド・ラヒム・ハーン、その他14世紀から20世紀のハーンの親族も祀られています。聖人のそばに祀られると来世に幸せになれるという言い伝えで彼の墓の周囲には多くの墓ができたそうです。

アラクリ・ハン・メドレセ​

​Olloqulixon Madrasasi 

1830年から1840年にかけて建てられたアラクリ・ハーン・メドレセ。ヒヴァのイチャン・カラの東にあります。
アラクリ・ハーン・メドレセと当時にキャラバン・サライとバザールが建てられました。

観光シーズンにはホレズムのダンスが見ることができます。ウズベキスタンの他の地域とは異なり、衣装や踊り方、帽子などが特徴的なので、ぜひご覧いただくことをおすすめします。

Copyright© 2015 Silk Road Partners All Rights Reserved

  • Instagramの社会のアイコン
  • Facebook Social Icon