​近代化がすすむウズベキスタンの首都

タシケント観光情報

近代化が進み、ビルが立ち並ぶ首都タシケント。

整備された大きな道路を多くの車が走る中央アジアでは大都市と言われ、

人口約250万人。

そんなタシケントでは地下鉄があり、町中簡単に移動することができます。

シルダリヤ川からの水量のおかげで、緑も多く、広場も多い。

一方、旧市街にはイスラム教のメドレセや大きなバザールもあり、中央アジアらしい風景も見られます。

独立記念広場やメドレセの他、第二次世界大戦後、日本人捕虜が建てたナボイ劇場が観光の見所です。

​タシケントの見どころ

ナヴォイ劇場

​Navoiy nom. Opera va Balet teatri

1945年から1947年にかけて、第二次大戦後にタシケントに連れてこられた日本人抑留者によって建設された劇場。

1966年のマグニチュード8の大地震では、周りの建物が破壊した中、この劇場は崩れることなく、避難所として使われ、多くのウズベキスタン人を救ったことで日本人の建築技術の高さが語り継がれています。

​1400人を収容する大きな劇場で現在もバレエやオペラなどを鑑賞することができます。

バラク・ハン・メドレセ&ハズラティ・イマム・モスク

​Baraqxon Madrasasi & Hazrati Imom Masjidi

16世紀に建てられてた神学校とモスク。

神学校の中はお土産屋になっており、タシケントで工芸品を買うにはおすすめの場所。

チョルス―バザール

​Chorsu Bozori

タシケントの一番バザール。

食料品から日用品、伝統的な布などすべての物がそろうと言ってもいいほど。

地下鉄の駅からもすぐなので、便利で買い物もしやすい。

伝統的な絣Adrasをマルギランで買えない人にとってはおすすめの場所。

しかし月曜日は多くのお店が休日なので注意が必要。

​地下鉄

​METRO

タシケント滞在中に一度は体験してほしい地下鉄乗車。

ソ連時代に作られた地下鉄は駅の装飾が各駅異なり、とても芸術的できれいなデザイン。

​数年前から写真撮影も可能となったので、ぜひ写真におさめたいスポットです。

Copyright© 2015 Silk Road Partners All Rights Reserved

  • Instagramの社会のアイコン
  • Facebook Social Icon