ウズベキスタン観光基本情報

​1.ウズベキスタンの場所と行き方、フライト時間?

ウズベキスタンは中央アジアに位置します。そもそも中央アジアと聞いてピンとくる人は多くないようですが、だいたいの位置でいうとトルコよりも東側、中国よりも西側が中央アジアです。

ウズベキスタンに行くには直行便と経由便の方法があります。

直行便はウズベキスタン航空、経由便はよく使われるのがアシアナ航空と大韓航空のインチョン経由です。

フライト時間は直行便で約9時間です。

ウズベキスタン航空は週2便、アシアナ航空と大韓航空はそれぞれ週3,4日運航しています。

​(11月~3月までウズベキスタン航空は運休しています)

​2.ウズベキスタン観光おすすめの時期は?

ウズベキスタンの気候は雨季が少なく、多くの日が晴れ、乾燥しています。

しかし冬季と夏季の気温差が激しく、冬はマイナス10℃、夏は暑い時で40℃を超える日もあります。

6月から7月が一番暑く、また11月以降12月から3月上旬まで寒い時期となります。

旅行しやすい時期は4月上旬から5月下旬の春の時期、また8月から11月までの夏の終わり頃から秋の時期です。

春にはチューリップの原種の花が咲き始め、5月頃よりさくらんぼなどのフルーツが出始めます。

6月になると、すいかやメロン、桃などのおいしいフルーツがたくさん揃い楽しめる時期です。

 

一番のおすすめ時期は9月。まだフルーツも残っており、旅行をしながらバザールでの買物も楽しめそうです。

​3.ウズベキスタン観光の服装は?

夏の日中はとても暑いですが、夜は涼しくなる日もあります。日焼け対策としても、夏でも薄い羽織りものはあった方が良いでしょう。

またモスクなど礼拝所では長袖、長ズボンを着用するなど肌の露出を避ける方が好ましいです。

 

​【おすすめの服装例】

4月~5月:半袖+パーカーなどの羽織りもの。長袖のシャツなど。

6月~8月:半袖。念のため羽織りものも。8月の朝晩は冷え込むので特に必要。

10月~11月:長袖+羽織りもの。12月~3月中旬:セーター、コート

​4.ウズベキスタンの治安は?

スタン国と聞くと、危険なイメージをもつと数年前までよく言われていましたが、犯罪は比較的少なく、夜道も大きい道であれば問題なく歩けます。主要な観光地では日本とさほど変わらないくらい安全と言えます。

しかし、ホテルではセーフティボックスを備えていないホテルも多くあるため、上着の内側に貴重品を入れるなど、常に手の届くところにおくことをおすすめします。また、ホテルにチェックインした際、滞在登録のためレセプションにパスポートを預けることが義務付けられています。チェックアウトの際に忘れないよう注意が必要です。

​また、交通事情は日本より悪く通常の道でもスピ―ドを出して運転する車も多いので、気を付けましょう。

​5.ウズベキスタンの言葉は?英語は通じる?

ウズベキスタンの公用語はウズベク語。また旧ソ連だったため、ロシア語、そして各地では民族によってタジク語を話すなど、様々な言語が使われています。英語はあまり通じなく、日本と同じように英語学習をしている人はわかる程度と思ったら良いかと思います。

観光地でも標識など基本的にはウズベク語、ロシア語となります。​

​6.ウズベキスタンの両替はどこでできる?

ウズベキスタンの通貨はSum(スム) 1USD=8300スム(2019年1月現在)。

 

ホテルや銀行などの両替所にて両替することができます。

日本円も両替できると言われていますが、念のため日本からの旅行者はUS$に両替していくことをおすすめします。

トラベラーズチェックやその他の通貨もナショナル銀行にて両替できると言われていますが、大変手間と時間がかかる可能性があるため、おすすめしません。

クレジットカードでの支払いもホテルやお店で使えないところが多いので注意が必要です。

ちなみに、数年前までは公式な両替所とバザール(市場)などの非公式な両替所でレートの差がありましたが、

現在はレートの差はないので、公式な両替所で両替をしましょう。​

​7.ウズベキスタンの食事は?アルコールは?

ウズベキスタン料理は味付けは基本が塩。主食はパンですが、豊富な野菜、肉、またお米料理や麺料理もあり、日本人にって、大変馴染みやすい料理です。

しかし、乾燥しているため多くの料理にたくさんの油を使用します。

また暑い時期の観光は身体に負担をかけるため、観光中お腹を壊してしまう方もいらっしゃいます。

そのため、できるだけ整腸剤などの常備薬をお持ちいただくことをおすすめします。

 

飲料水ですが、ウズベキスタンではミネラルウォーターを購入されることをおすすめします。

ホテルや町のお店で購入可能です。

 

また、80%がイスラム教徒ですが、ビールやワイン、ウォッカなどアルコール類はお店やレストランで売っています。

サマルカンドはワインの産地としてワインテースティングのできる場所もあります。

Copyright© 2015 Silk Road Partners All Rights Reserved

  • Instagramの社会のアイコン
  • Facebook Social Icon